宝塚記念の予想です

 
  既に先週からサマーシリーズも始まりましたが、上半期最後の G1、宝塚記念が日曜日に行われますね。
 
 
  宝塚記念
◎13番:ワーザー
〇16番:キセキ
▲03番:サトノダイヤモンド
△10番:ヴィブロス
 
 
 グランプリレースといえば、有馬記念と宝塚記念ですが、年末の有馬記念に比べて盛り上がりに欠けますね、宝塚記念…。中山競馬場で行われる有馬記念は最大 16頭までですが、阪神競馬場で行われる宝塚記念は、最大 18頭まで出られるのに、フルゲートになったことないし、今年もファン投票で選ばれた馬で出走を回避した馬も多数いましたからね。ただ、レインボーラインとか、宝塚記念に出られへんやろう…という馬を投票するファンもどうかという気もしなくはないのですが…。
 
 で、有馬記念といえば外国人ジョッキーの活躍が目立つのですが、宝塚記念は短期免許で海外からやってくる騎手がほとんどいない時期ということもあってか、昨年はデムーロ騎手が勝ちましたが、まだ外国人ジョッキーが目立ってることもありませんが、今年はワーザーを迷いに迷って本命にしました。日本馬はどうもどれも微妙な評価なので、それなら宝塚記念に海外からの馬が出走することも珍しいし、それなりに勝算があっての来日だと思いたい。鞍上もボウマン騎手ですし…。ただ宝塚記念は外枠でも 8枠は活躍するけれど 7枠は勝ちを取りこぼしてるイメージがあるのでちょっと不安ですね。7歳馬の活躍もないようですが、ワーザーは南半球産まれだそうで、半年遅れなんでギリ 6歳という感覚でいいんじゃないかな?
 ゴールドシップは連覇しましたが、有馬記念と違い 2回勝つ馬はなかなかいないのでサトノクラウンは消しました。G1勝利の経歴のある牝馬は 3着以内に来るようなのでヴィブロスを押さえ…。それにしても、福永騎手がまた乗れるようになったのですね…。
 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP